nemuiasa.work

blog

いつだって優秀な何者かでありたかった

20170417-000008.jpg

 

 

家では妹と弟のお手本になれる優秀なお姉ちゃんで

小学生のときは学級委員を務め、成績オール5の生徒で

中学生のときは常にトップ3をキープして難関大合格も期待される生徒で

高校生のときは通信制でも勉強ができて、バイトをしなくても好きなことをして稼げる学生で

大学生の今はデザイナーやフォトグラファーとして多方面で活躍するクリエイターで

 

いつだって優秀な、何者かに猛烈な憧れを抱いていた。

 

でももはやその憧れは1種の呪いのようなものでしかなくて じぶんを縛って苦しめているだけだった。いつでも理想のじぶんでいなきゃいけない、という強迫観念にも似た意識。

きのうふと思った。わたしは自分自身に呪いをかけているんだと。

 

 

 

できないじぶんが許せない

わたしのストレスの根源は大抵そこにあって、なにかできないことにぶち当たると決まって体調を崩すくらい落ち込んでしまう。たとえば 親や先生、周りから期待されてるものだと余計。

 

偉そうな言い方になってしまうけれど、わたしは昔から器用な人間で、むしろ器用なことくらいしか取り柄がないと言っても過言なくらいで、勉強にしろスポーツにしろ、だいたいの物事は見よう見まねですんなりできるタイプだった。だから できないことがあると悔しくて悔しくて できるようになるまで粘る。

他人にできるのにわたしにできないわけがない!と思ってしまう。ばかみたいに。そう思う。

 

でも、歳を重ねるごとに、いろんな経験をしていくうちに、気づいたのは

世の中にはやっぱりどうしても苦手なもの 向いてないものというのが存在しているということ。

それを受け入れるのがどうやらへたっぴなようです。わたしは。

 

そろそろ、できないじぶんを許してあげたい。

できなくてもいいじゃん、下手でもいいじゃん、他にもできることはきっとたくさんあるよ、って言ってあげたい。

ただ、プライドが許さない。いつだってできるじぶんで、優秀なじぶんでありたいと思うわたしがいちばん厄介で面倒な存在。

狭間で、生きてる。

 

 

 

 

そういえば 今年の4月に書いた 丁寧に暮らすということ という記事が3万PVを超えました。ほぼじぶんのために書いたような記事があんなに広まるなんて思ってもみなくてただただ驚きました。

あれからわたしを知ってくださるひとは多くいたし、あの記事があったから繋がることができたひともいるし、たくさんのうれしいお言葉もいただきました。

想像以上の反響があり、本当は感謝するべきことなのですが、実を言うとあの記事が広まってからずっと苦しかったんです。

あの記事に書いてあることは紛れもない事実で、嘘はひとつもない。

なのに、なんで苦しいのか理由がわからなかった。

 

でも、この記事を書いていたら、苦しかった理由がやっとわかりました。

きっと 知らないうちにあれも呪いみたいにわたしを縛ってたのだと思います。

 

忙しくて 散らかった部屋をみたり、

コンビニ弁当の日が続いたり、

スキンケアを怠ってしまったり、

 

そういうときに

全然丁寧に暮らせてないじゃん、

と思ってしまう瞬間がすごく、苦痛だった。苦しかった。

 

そのたびに 記事を消そうか迷った。全部嘘です、って言ってしまえば楽になるかな、なんてことも考えた。

結局消さないまま今に至るけれど 今でもすこし プレッシャーです。

 

 

実際、最近は 丁寧に暮らしたい、そう思いながらもがいている日のほうが多いです。

個展やヨーロッパ行きなど ハードスケジュールが重なったこともあり 夏休み半ばから 心身ともにあまり調子が良くなく 実家で休みながらすこしずつおしごとをこなす日々が続いています。

そしてこれは言おうかどうか迷っていたことですが、、ひとがたくさんいるところに長時間いることが怖くなってしまったことや、大学についていろいろ思うところがあって 大学をお休みしています。このまま休学するかやめてしまうか ここ最近かなり悩んでいます。

あんなに偉そうな記事を書いておいて 結果がこれかよ、という感じで本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですし、これに関してもやっぱりじぶんを許せなくて ちょこっとSNSを更新できなかった時期もありました。

 

わたしのことを希望だ、と言ってくれた方、

わたしのことをすきだ、と言ってくれている方、

わたし自身も、

どうかこんなわたしを許してください。

 

 

人生って難しい。思うように行かない。

許してあげたい。楽になりたい。

 

じぶんへの長い長い言い訳。

 

休んでても良いですか。

優秀じゃなくても良いですか。

 

 

 

 

 
 
 
thinkmomoka shiramizu